太陽光発電とは?

太陽光発電 とは、太陽電池を使って、光エネルギーを電気エネルギーに変える発電です。

太陽電池は物理電池の一種です。光を当てると電気が発生する半導体の性質を利用して発電します。

太陽電池では、光エネルギーが電気エネルギーに直接変換されるため、熱エネルギーや運動エネルギーになるロスがありません。

動く部分が無いため、耐久性が高く、ほとんどメンテナンスしなくても、ずっと発電し続けてくれます。

太陽電池は製造時にエネルギーを使います。しかし設置後、1.5~2年で発電するエネルギーで、製造時のエネルギー分を回収できると言われています。(費用的な回収とは別)

なにより太陽光で発電できるメリットは大きく、製造、運搬、設置を除くと、石油エネルギーを消費しません。

しかも太陽光のエネルギーは膨大です。太陽光が地球に「1時間」降り注ぐ時のエネルギーは、今現在、世界中で消費されているエネルギーの「1年分」にも相当するそうです。

もちろん全ての太陽光を利用できるわけではありませんが、太陽光発電の可能性が感じられます。

また太陽光発電では、電力の消費地で、電力を生産できることになるので、送電によるロスがありません。日中に余った電力は、電力会社が買ってくれます。

太陽電池といっても蓄電の機能はありません。バッテリーに充電するか、電力会社の送電線網に電力を送ることが、蓄電の代わりになります。

余った時は売って(売電)、足りない時は買い戻す(買電)ことで、蓄電の代わりの役割を果たすわけです。

売電した電力は、周辺地域の電力として利用されます。

ドイツでは売電に関する法律が整備されていて、売電の価格が保証されているので、一般家庭が太陽光発電を導入しやすい環境ができています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






太陽光発電 初心者入門 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。