太陽光発電 自家消費する電気を減らし、売電量を増やす方法。

太陽光発電 システムで発電した電気の内、自家消費した分を除く「余剰電力」は、電力会社へ「売電」することができます。

太陽光発電システムを設置した家庭では、買電と売電の差で電気料金が決まります。売電が増えるほど、支払う電気料金が安くなります。

買電を減らし、売電を多くすれば、利益が大きくなるため、太陽光発電システムやオール電化の導入にかかる初期費用を、はやく回収できることになります。

そのためには、売電量と売電価格について考える必要があります。

前回にも説明した通り、現時点では、どの電力会社も、売電価格と買電価格は、同じ設定になっています。

したがって、発電量の多い昼間に高く売電して、なるべく電気料金の安い夜間に買電をすることが基本です。

また、通常は「従量電灯」で契約されていることが多いので、太陽光発電システムの売電に向いている契約に変更する必要があります。

昼間に電気料金が高く、夜間に安くなる契約に変更すると良いでしょう。

しかし、契約を変更する時には、十分検討してからにしてください。電気料金の契約メニューは、あなたの生活スタイルと関係するからです。

もしあなたの生活スタイルが、昼間に電気をたくさん使うタイプなら、太陽光発電システムによる売電は期待できないため、従量電灯のままのほうが良い場合もあります。

太陽光発電システムの恩恵をより多く受けるには、生活スタイルの見直しも必要です。

昼間はなるべく電気の使用を避け、電気料金の安い深夜に使うようにします。すると売電量が多くなり、買電の電気料金も安くなります。

売電量を増やすには、太陽光発電システムの発電量を増やすか、自家消費する電気を減らすしかありません。

発電量を増やすのは難しいですが、自家消費する電気を減らすことは、ユーザーの心がけ次第で可能です。

考え方は省エネとまったく同じです。
・電化製品は省エネタイプを選ぶ
・人がいない部屋の照明は消す
・使わない電化製品はプラグを抜き、待機電力を抑える
・冷暖房の設定温度を少し調整する
・電気ポットはお湯を使う時だけにする
・冷蔵庫は詰め込み過ぎないようにする
など、個人でも出来る工夫はたくさんあります。

太陽光発電システムの場合は、節電が売電量に直結するため、効果が実感しやすいというメリットがあります。

省エネのためと考えるより、売電量を増やすためと考えたほうが、なんだかやる気が出やすいですよね。(やることは同じですが)

スポンサードリンク

スポンサードリンク






太陽光発電 初心者入門 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。