太陽光発電 グリーン電力証書について。

グリーン電力証書 とは、再生可能な自然エネルギー(風力、太陽光など)から生み出された電力の環境付加価値を、「証書」という形にして、取引できるようにした仕組みです。

太陽光発電 システムは、太陽光という、無尽蔵の自然エネルギーから、電気を生み出すことができます。

そのため太陽光発電は、火力発電のような、化石燃料を使った発電に比べると、地球温暖化の原因と言われている二酸化炭素の排出が、ずっと少なくて済みます。

また太陽光発電は、発電した場所で電力を自家消費できるので、送電線網などの設備投資や、送電ロスなどの削減にもつながります。

このように太陽光発電は、「電力」自体の価値以外にも、「省エネルギー」や「C02削減」といった環境付加価値を持っていると言えます。

この環境付加価値を、グリーン電力証書として、取引できるようにすることで、自然エネルギーを利用した発電事業者(発電システム設置宅や企業など)に、助成金を支払うことができるようになります。

今まででも、太陽光発電システムで発電された余剰電力は、電力会社が買い取ってくれました。しかし環境付加価値についてまでは、評価されていませんでした。

太陽光発電システムは、初期投資が大きいので、売電収入以外に、グリーン電力証書による助成金があると、普及促進につながります。

また、グリーン電力証書は、誰でも環境対策に参加しやすくした仕組みとも言えます。

太陽光発電システムを設置できない、企業、自治体、個人でも、グリーン電力証書を購入することで、自然エネルギーで発電したグリーン電力を使っていることになります。

グリーン電力証書には、発電方法や発電量が記載されています。

企業としては、グリーン電力証書で購入した分を、C02削減量に換算して使えるメリットがあります。そして環境改善に貢献している企業として、イメージアップにもなります。

グリーン電力証書を発行してもらうには、第三者機関である、グリーン電力認証機構の設備認定や電力量認証が必要です。

グリーン電力証書を仲介して取引する事業者は、複数あります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






太陽光発電 初心者入門 TOPへ