太陽光発電と風力発電のハイブリッド発電システムについて。

太陽光発電 は、天気の良い昼間は発電することができますが、天気の悪い日や、夜間は発電することができません。

その欠点を、他の発電で補うのが、ハイブリッド発電です。

ハイブリッド発電とは、2種類以上の発電を組み合わせて行なう発電のことです。太陽光、風力、水力、バイオマスなどのいくつかを組み合わせることで、それぞれの長所で欠点を補いつつ、安定した発電ができます。

太陽光発電と風力発電の組み合わせは一般的で、ハイブリッド発電システムとして、商品化されています。

太陽光と風力を組み合わせた場合のメリットは以下の通りです。
・昼間に天気が良くて、風があれば、両方で発電できる
・無風の昼間でも、太陽光で発電できる
・夜間は風力で発電できる

天気が悪い日は、風が強いことが多いので、太陽光発電の欠点を、風力発電で上手く補うことができます。

ただ、天気が悪く風が弱い条件では、発電することができません。そこで独立系では、バッテリーなどと組み合わせて、充電して利用することが多いです。

・太陽光発電62W 風力発電400W



・太陽光発電70W 風力発電200W



・太陽光発電50W 風力発電50Wh/日

↑移動しやすいタイプです。

太陽光発電と風力発電のハイブリッド発電システムは、災害時の非常用電源としても期待されています。中には、組み立てが簡単で、移動できるタイプもあります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






太陽光発電 初心者入門 TOPへ