次世代の太陽光発電として期待されている有機薄膜太陽電池とは?

太陽光発電のイメージが、ガラッと変わるのが、有機薄膜太陽電池です。

従来の太陽電池は、基盤にガラスが用いられているため、重いのが欠点です。重いと設置する屋根に負担がかかるので、ある程度は屋根の強度が必要でした。

またガラスだと硬くて曲げられないので、曲面に設置することができませんでした。

有機薄膜太陽電池は、「薄くて曲がる」次世代の太陽電池です。

有機薄膜太陽電池は、ポリエステルフィルムなどのプラスチックに、有機薄膜半導体を塗って製造できます。

厚さは1mm程度しかありません。軽くて薄いので曲げることができます。

有機薄膜太陽電池は、従来の太陽電池と比較すると、重さが15%~25%程度になります。

軽くて曲げられると、これまでは取り付けることが出来なかった場所へも、設置できる可能性が出てきます。

そのため、太陽光発電システムが、もっと広がるのではないかと、期待されています。

有機薄膜太陽電池の製造には、印刷技術が応用できるため、大量生産しやすいと言われています。企業の設備投資も少なくて済みます。

コストがかからず、大量生産できれば、価格が安くなる可能性があります。

有機薄膜太陽電池は、同じ有機太陽電池として有力な色素増感太陽電池よりも、さらに製造コストが安くなると言われています。

ただ、有機薄膜太陽電池は、光エネルギーを電気エネルギーに変換する効率(4%~6.5%)が、従来の太陽電池に比べると低いです。

今はエネルギーの変換効率や、耐久性を高めることが課題となっています。

有機薄膜太陽電池の開発には、化学メーカーをはじめ、各社が取り組んでいますが、2012年~2015年ごろを目処に実用化される予定です。

住友化学、三菱化学、東レなどの開発、実用化に注目してください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






太陽光発電 初心者入門 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。